平成27年度 問22 賃貸不動産経営管理士 過去問解説

賃貸不動産経営管理士 平成27年度 過去問解説過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問22

 借主の退去及び残置物の所有権の放棄に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 賃貸借契約書に「借主が契約終了後1ヵ月以内に退去しない場合には、貸主は鍵を交換することができる。」という規定がある場合、貸主は、借主が契約終了後1ヵ月以内に退去しないときは、鍵を交換することができる。

2 借主から退去前に取得した「借主は退去後の残置物については所有権を放棄する。」という念書がある場合、貸主は、借主が粗大ゴミを残して退去したときは、これを処分することができる。

3 賃貸借契約書に「借主が賃料を滞納した場合には、貸主は鍵を交換することができる。」という規定がある場合、貸主は、借主が賃料を滞納したときは、鍵を交換することができる。

4 賃貸借契約書に「借主が無断で1ヵ月以上不在のときは、契約が解除され、借主は室内の遺留品について所有権を放棄する。」という規定がある場合、貸主は、借主が長期不在となったときは、室内の遺留品を処分することができる。

解答・解説

解答 

解説

1 ×(不適切)

賃貸借契約書に「借主が契約終了後1ヵ月以内に退去しない場合には、貸主は鍵を交換することができる。」という規定があった場合でも、その規定自体が公序良俗に反して無効となる可能性が高いです。

2 ○(適切)

粗大ゴミの処分については借主の任意の承諾があるといえるため、「粗大ゴミ」であれば処分することができます。

3 ×(不適切)

賃貸借契約書に「借主が賃料を滞納した場合には、貸主は鍵を交換することができる。」という規定があったとしても、公序良俗に反して無効となる可能性が高いです。

4 ×(不適切)

契約書に「借主が無断で1ヵ月以上不在のときは、契約が解除され、借主は室内の遺留品について所有権を放棄する。」という規定があった場合であっても、貸主が実際に室内の遺留品を処分した場合は自力救済に該当し、不法行為等の責任を負う場合があります。

 

【平成28年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成28年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産管理の意義 問2 賃貸不動産経営管理士の倫理憲章 問3 個人情報保護法 問4 業務等状況の報告(9条報告) 問5 管理受託契約に関する重要事項の説明 問6 借主に対...
スポンサーリンク

平成27年度 過去問一覧

問1 賃貸不動産管理の意義

問2 個人情報保護法

問3 賃貸不動産経営管理士の倫理憲章等

問4 賃貸住宅管理業者登録制度

問5 賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務

問6 業務等状況の報告(9条報告)

問7 管理受託契約の成立時の書面の交付

問8 基幹事務の一括再委託の禁止、標識、従業者の研修、従業者証明書

問9 管理業務の受託(管理受託方式)

問10 管理業務の受託(サブリース方式)

問11 借主の募集(宅建業の免許の要否)

問12 借主の募集(入居審査)

問13 賃貸借契約の成立

問14 賃貸借契約(定期建物賃貸借、一時使用目的建物賃貸借、取り壊し予定建物賃貸借、終身建物賃貸借)

問15 賃貸住宅標準契約書

問16 賃料の支払い(供託、債務不履行)

問17 賃貸借契約における修繕義務(造作買取請求権を含む)

問18 賃貸借契約における修繕義務

問19 賃貸借契約の更新

問20 定期建物賃貸借

スポンサーリンク

問21 賃貸借契約の更新拒絶

問22 借主の退去及び残置物の所有権の放棄

問23 鍵の管理

問24 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

問25 賃貸借契約の解除

問26 賃料改定(賃料増減額請求)

問27 アウトソーシング

問28 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

問29 シックハウス(建築基準法)

問30 建物の維持管理と点検

問31 電気設備

問32 消防用設備等

問33 不動産証券化とプロパティマネジメント

問34 保険

問35 不動産所得計算上の必要経費(減価償却費)

問36 不動産所得

問37 賃貸不動産をめぐる社会状況(統計)

問38 建築構造

問39 換気設備

問40 賃貸不動産の企画提案

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました