平成29年度 問7 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問7

賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 賃貸借契約の更新に係る事務は基幹事務であるが、賃貸借契約の終了に係る事務は基幹事務ではない。

2 賃貸住宅の建物・設備の保守点検に係る事務は基幹事務ではない。

3 家賃保証会社が行う事務は基幹事務に当たることはない。

4 賃貸住宅を転貸する賃貸住宅管理業者(サブリース業者)が、貸主として転借人(入居者)から家賃、敷金等を受領する事務は基幹事務ではない。

解答・解説

解答 2

解説

基幹事務とは

  • 家賃、敷金等の受領にかかる事務
  • 賃貸借契約の更新にかかる事務
  • 賃貸借契約の終了にかかる事務

1 ×(誤り)

賃貸借の終了にかかる事務も基幹事務です。

2 ○(正しい)

本肢のとおり

3 ×(誤り)

家賃保証会社が家賃集金代行をした場合、上記の「家賃、敷金等の受領にかかる事務」に該当し、基幹事務にあたります。

4 ×(誤り)

サブリース方式による場合でも、「家賃、敷金等の受領に係る事務」は基幹事務に該当します。

 

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました