平成29年度 問8 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問8

サブリース方式による賃貸管理に関する次の記述のうち、適切なものはいくつあるか。

ア サブリース方式による賃貸管理は、転借人(入居者)に賃貸不動産を引き渡すことが契約成立の要件である。
イ 転借人(入居者)は、所有者(原賃貸人)との関係で転貸人(管理業者)の履行補助者には該当しないため、転借人(入居者)が過失に基づき賃貸不 動産を毀損しても、転貸人(管理業者)は所有者(原賃貸人)に対して責任を負わない。
ウ 転借人(入居者)は、所有者(原賃貸人)に対して原賃貸借契約で定めた賃料の額までの範囲内で賃料支払義務を負う。
エ 原賃貸借契約が終了した場合に、所有者(原賃貸人)が転貸借契約を承継する旨の特約は有効である。

1 1つ
2 2つ
3 3つ
4 4つ

解答・解説

解答 1

解説

ア ×(不適切)

契約が成立するためには、一方当事者から「契約を結びたい」という申込みの意思表示を行い、他方当事者が「了承する」という承諾の意思表示を行った結果、両意思表示が合致した場合に成立する。賃貸不動産の引渡しは契約成立要件ではありません。

イ ×(不適切)

転借人は転貸人の履行補助者に該当し、転借人の過失は転貸人の過失と同視されるため、転貸人は原賃貸人に対して責任を負います。

ウ ×(不適切)

転借人(入居者)は、原賃貸人に対して原賃貸借契約における債務の範囲を限度に、「転貸借契約」に基づく債務を直接履行する義務を負います。もし転貸借契約で定めた賃料が原賃貸借契約で定めた賃料よりも低ければ、転貸借契約で定めた賃料が限度となります。

エ ○(適切)

原賃貸借が終了した場合、原賃貸人が転貸借契約を承継する旨の特約は有効です。

 

平成29年度 問7 賃貸不動産経営管理士 過去問
問7 賃貸住宅管理業者登録制度の基幹事務に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。 1 賃貸借契約の更新に係る事務は基幹事務であるが、賃貸借契約の終了に係る事務は基幹事務ではない。 2 賃貸住宅の建物・設備の保守点検に係る事...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました