平成29年度 問12 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問12

定期建物賃貸借契約に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはどれか。

ア 定期建物賃貸借契約の事前説明において「更新がなく、期間の満了により契約が終了する」旨を記載した書面を交付して口頭で説明したとしても、賃貸借契約書に「更新がなく、期間の満了により契約が終了する」旨の記載がなければ、更新がない定期建物賃貸借契約として有効に成立しない。
イ 定期建物賃貸借契約は、書面によって締結すれば有効であり、必ずしも公正証書によって締結する必要はない。
ウ 契約期間を1年とする定期建物賃貸借契約においては、借地借家法第38条第4項に基づく終了通知は必要とされない。
エ 定期建物賃貸借契約の保証人は、定期建物賃貸借契約が期間満了後に再契約された場合、引き続き、保証債務を負担する旨を口頭で承諾したときは、再契約後の債務について保証債務を負う。

1 ア、イ
2 ア、ウ
3 イ、ウ
4 ウ、エ

解答・解説

解答 1

解説

ア 〇(適切)

定期建物賃貸借契約を締結しようとするときは、借主に対し更新がなく期間満了により建物賃貸借契約が終了することについて、その旨を記載した書面を交付して説明しなければならない。

イ 〇(適切)

本肢のとおり

ウ ×(不適切)

定期建物賃貸借契約において、契約期間が1年以上の場合、期間満了の1年前から6ヶ月前までの間に借主に対し、期間満了により賃貸借契約が終了する旨の通知をする必要があります。

エ ×(不適切)

定期建物賃貸借に関しての保証契約は、定期建物賃貸借が終了した後については保証債務を負わなくなります。再契約は新たな契約のため、再契約後の賃貸借において保証の対象とするためには再度保証契約を書面にてする必要があります。

 

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました