平成29年度 問14 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問14

敷金の承継に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 貸主が、建物を借主に引き渡した後、第三者に当該建物を売却し、所有権移転登記を完了した場合、特段の事情がない限り、敷金に関する権利義務は当然に第三者に承継される。

2 建物について抵当権が設定され、その登記がされた後に、当該建物についての賃貸借契約が締結された場合、抵当権が実行され、買受人に建物の所有権が移転すると、敷金に関する権利義務も当然に買受人に承継される。

3 貸主が、建物を借主に引き渡した後、当該建物に抵当権が設定され、抵当権が実行された結果、買受人に当該建物の所有権が移転したときは、敷金に関する権利義務は当然に買受人に承継される。

4 貸主が、建物を借主に引き渡した後、貸主の債権者が当該建物を差し押えたことにより、建物が競売された結果、買受人に当該建物の所有権が移転したときは、敷金に関する権利義務は当然に買受人に承継される。

解答・解説

解答 2

解説

※抵当権設定登記と建物の引渡しのどちらが先かで判断する。

1 〇(適切)

売却による所有権移転の「登記前」建物の引渡しがなさている場合、貸主の地位が承継され、敷金に関する権利義務も承継されます。

2 ×(不適切)

抵当権の「設定後」賃貸借契約が締結された場合、抵当権が実行され買受人に所有権が移転しても、敷金に関する権利義務は買受人に承継されない。

3 〇(適切)

建物を借主に引渡した後に抵当権が設定され(抵当権設定「登記前」の引渡し)、抵当権が実行され買受人に所有権が移転したときは、敷金に関する権利も承継される。

4 〇(適切)

建物を借主に引渡した後に当該建物を差押さえた(差押え前の引渡し)ことにより、建物が競売され所有権が移転したときは、敷金に関する権利義務も買受人に承継される。

 

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました