平成29年度 問16 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問16

住宅の賃貸借契約の当事者に相続が発生した場合の権利関係に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはどれか。

ア 借主に相続が開始し、相続人が存在しない場合、内縁の配偶者が同居していたときは、内縁の配偶者は借主の地位を承継する。

イ 借主に相続が開始し、共同相続人が賃借権を共同相続した場合、貸主は各共同相続人に対して、相続分に応じて分割された賃料を請求できるにすぎない。

ウ 貸主に相続が開始し、共同相続人が物件を共同相続した場合、相続人が解除権を行使するためには、過半数の共有持分を有していなければならない。

1 ア、イ
2 イ、ウ
3 ア、ウ
4 ア、イ、ウ

解答・解説

解答 3

解説

ア ○(適切)

本肢のとおり

当該同居者がとくに反対の意思表示をしない限り、当該契約を承継することになります。

イ ×(不適切)

共同相続の賃料債務は分割債務ではなく不可分債務となる。

共同相続人は貸主に対して賃料全額の支払い債務を負うことになり、貸主は共同相続人各々に対して賃料全額の支払いを請求することができます。

ウ ○(適切)

本肢のとおり

 

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました