平成29年度 問24 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問24

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(再改訂版)」(国土交通省平成23年8月。以下、各問において「ガイドライン」という。)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1 ガイドラインによれば、通常損耗に関しガイドラインと異なる原状回復の取扱いを定める場合、賃貸借契約締結時に「通常損耗は賃借人の負担である。」と伝えれば足り、その旨を賃貸借契約書に具体的に記載したり、その旨を借主が明確に認識して合意の内容とすることまでは要しない。

2 ガイドラインでは、すべての設備等につき、経過年数(入居年数)を考慮している。

3 ガイドラインによれば、借主の喫煙により、居室全体においてクロス等がヤニで変色したり臭いが付着した場合、当該居室全体のクリーニングを借主負担とすることを認めている。

4 ガイドラインによれば、原状回復とは借主の故意により発生した損耗・毀損のみを借主に復旧させることと定義している。

解答・解説

解答 3

解説

1 ×(不適切)

原状回復についての特約を設ける場合は、その旨を明確に契約書面に定めたうえで、借主の十分な認識と了解をもって契約することが必要となります。

2 ×(不適切)

ガイドラインではすべての設備等につき、経過年数を考慮すべきとはありません。考慮するもの、しないものがあります。

3 〇(適切)

喫煙等により当該居室全体においてクロス等がヤニで変色したり臭いが付着した場合のみ、当該居室全体のクリーニングまたはクロス張替え費用を借主負担とすることが妥当と考えられます。

4 ×(不適切)

ガイドラインによれば、「原状回復とは借主の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、借主の故意・過失・善管注意義務違反・その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」とあります。

 

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました