平成29年度 問28 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問28

共同住宅の避難施設等に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。

1 住戸の床面積の合計が100㎡を超える階では、両側に居室のある場合には、1.2m以上の廊下の幅が必要とされる。

2 その階における居室の床面積の合計が100㎡を超える(耐火構造・準耐火構造の場合は200㎡) 場合は、直通階段を2つ以上設けなければならないのが原則である。

3 直上階の居室の床面積の合計が200㎡を超える階では、120㎝以上の階段の幅が必要とされる。

4 屋外階段では、90㎝以上の階段の幅が必要とされる。

 

解答・解説

解答 

解説

1 ×(不適切)

住戸の床面積の合計が100㎡を超える階について、片側廊下の場合1.2m以上、両側に居室のある場合は1.6m以上の廊下幅が必要とされます。

2 ○(適切)

本肢のとおり

3 ○(適切)

本肢のとおり

なお通常は75cm以上の階段幅があれば足ります。

4 ○(適切)

本肢のとおり

 

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました