平成29年度 問29 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問29

建物の耐震診断と「建築物の耐震改修の促進に関する法律」に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 耐震診断は、建物に必要とされる耐力と現に保持している耐力を比較し、評価するものである。

2 特定既存耐震不適格建築物の所有者は、耐震診断を行い、診断の結果、地震に対する安全性の向上を図る必要があると認められるときは、耐震改修を行うよう努めなければならない。

3 昭和56年5月31日以前に新築の工事に着手した賃貸住宅(共同住宅に限る)は、特定既存耐震不適格建築物となる。

4 所管行政庁は、特定既存耐震不適格建築物の耐震診断及び耐震改修の的確な実施を確保するために必要があるときは、所有者に対し、必要な指導及び助言をすることができる。

解答・解説

解答 

解説

1 ○(適切)

本肢のとおり

2 ○(適切)

本肢のとおり

3 ×(不適切)

賃貸住宅(共同住宅に限る)については、3階以上かつ床面積1,000㎡以上である、かつ建築基準法の耐震規定に適合していない場合(昭和56年5月31日以前に新築)に特定既存耐震不適格建築物となります。昭和56年5月31日以前に新築工事に着手した賃貸住宅(共同住宅)すべてではありません。

4 ○(適切)

本肢のとおり

 

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました