平成29年度 問35 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問35

次に掲げる租税公課のうち、不動産所得の金額の計算上、必要経費として認められるものの組合せとして正しいものはどれか。なお、いずれも資産の取得に伴う租税公課ではないものとする。

ア 消費税(税込で経理処理をしている場合)
イ 自宅に係る固定資産税・都市計画税
ウ 所得税
エ 事業税
オ 住民税

1 ア、ウ、エ、オ
2 ア、エ
3 ア、イ、ウ、エ、オ
4 なし

解答・解説

解答 2

解説

不動産所得に伴う支出において必要経費として認められるのは、「消費税」と「事業税」です。したがってア、エが必要経費として認められます。

 

前の問題へ戻る
https://fudousanlibrary.com/201734/

次の問題へ進む
https://fudousanlibrary.com/201736/

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました