平成29年度 問36 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問36

不動産賃貸経営に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1 個人貸主においては、超過累進税率の適用により所得が増えれば税率も上がるが、資産管理会社を設立し、収入を会社に移転させることにより、個人の所得が分散し、結果として税率の緩和を図ることができる。

2 不動産賃貸経営を法人化すれば、個人の所得に対して課される所得税の税率は、法人に課される法人税の税率より高いため、所得の多寡を問わず、確実にメリットがあるといえる。

3 不動産所有者が自ら設立した資産管理会社に対して支払った管理料が不相当に高額である場合には、税務調査により、管理料の一部につき、必要経費計上が否認されることがある。

4 一般的に、空室リスクを管理業者が負担するサブリース方式による場合の管理料は、空室リスクを管理業者が負担しない管理受託方式による場合の管理料と比べ、賃料に対する比率が高い。

解答・解説

解答 

解説

1 ○(適切)

本肢のとおり

2 ×(不適切)

一般的に所得が700万円ほどであれば個人として事業を行った方が税率が低いため有利であり、800万円を超えると法人の方が有利といえます。所得の多寡を問わず有利ではありません。

3 ○(適切)

本肢のとおり

4 ○(適切)

本肢のとおり

 

【平成29年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
平成29年度 過去問・解説 問1 賃貸不動産をとりまく社会的情勢(統計) 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 問3 賃貸住宅管理業者登録制度 問4 賃貸住宅管理業者登録制度 問5 管理受託契約の成立時の書面の交付 ...
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました