平成30年度 問21 賃貸不動産経営管理士 過去問解説

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問21

未収賃料の回収方法としての少額訴訟に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

1 債権者は、同一の簡易裁判所において、同一の年に、同一の債務者に対して年10回を超えて少額訴訟を選択することはできないが、債務者が異なれば選択することは可能である。

2 少額訴訟において証人尋問手続が取られることはないため、証人尋問が必要な場合、通常訴訟の提起が必要である。

3 裁判所は、請求の全部又は一部を認容する判決を言い渡す場合、被告の資力その他の事情を考慮し、特に必要がある場合には、判決の言渡日から3年を超えない範囲内で、支払猶予又は分割払の定めをすることができる。

4 裁判所は、原告が希望すれば、被告の意見を聴くことなく少額訴訟による審理を行うことになる。

 

解答・解説

解答 3

解説

1 ×(誤り)

同一の簡易裁判所において、同一年に10回を超えて小額訴訟を選択することはできない。債務者が異なる場合であっても同じです。

2 ×(誤り)

小額訴訟においても、証人や当事者の尋問を裁判官が認める順序で行える。

3 ○(正しい)

裁判所は、請求の全部または一部を認容する判決を言い渡す場合、被告の資力その他の事情を考慮し、特に必要がある場合には、判決の言渡日から3年を超えない範囲内で、支払猶予または分割払いの定めをすることができます。

4 ×(誤り)

原告が小額訴訟を希望するときは、小額訴訟による審理及び裁判を求める旨の申述をする必要がある。被告が小額訴訟によることに異議があれば通常手続きに移行させることができる。

平成30年度過去問一覧

【平成30年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
2018年度 賃貸不動産経営管理士の過去問・解説を記載しています。 ※各問題の解説は随時更新していきます。ご了承くださいませ。 2018年度 過去問・解説 問1 管理業社の社会的責務と役割 問2 賃貸不動産経営管理士の業務 ...

平成30年度 過去問一覧

スポンサーリンク

問1 管理業社の社会的責務と役割

問2 賃貸不動産経営管理士の業務

問3 賃貸住宅管理業者登録制度の登録

問4  管理受託契約に関する重要事項の説明

問5 秘密の保持、貸主への報告・帳簿等

問6 業務等状況の報告(9条報告)

問7 管理受託契約の成立時の書面の交付

問8 管理業務の受託(管理受託方式)

問9 管理業務の受託(サブリース方式)

問10 借主の募集(宅建業法上の禁止行為)

問11 借主の募集(入居審査)

問12 定期建物賃貸借契約

問13 相続

問14 賃貸借契約の保証

問15 賃貸借契約の特約の有効性

問16 賃貸建物の全部または一部の滅失

問17 敷金

問18 建物賃貸借契約書の記載

問19 普通建物賃貸借の解約及び更新拒絶

問20 書面によらずに行った法律行為の効力

スポンサーリンク

問21 小額訴訟

問22 賃料未払の借主に対する明渡し

問23 賃貸借契約の解除

問24 賃貸借契約の更新

問25 原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

問26 鍵の管理

問27 賃貸管理における緊急時の対応

問28 アスベストとシックハウス

問29 建築物の定期報告制度

問30 ガス設備

問31 電気設備

問32 防火管理者

問33 不動産証券化とプロパティマネジメント

問34 保険

問35 不動産所得

問36 相続税

問37 賃貸不動産管理業をめぐる状況

問38 賃貸不動産経営管理士の倫理憲章

問39 計画修繕

問40 賃貸住宅のコンセプト

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました