令和元年度 問4 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問4

個人情報の保護に関する法律(以下、本問において「個人情報保護法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 管理物件内で死亡した借主に関する情報は、個人情報保護法による個人情報に該当する。
  2. 特定の個人を識別することができる情報のうち、氏名は個人情報保護法による個人情報に該当するが、運転免許証番号やマイナンバーのような符号は、個人情報保護法による個人情報に該当しない。
  3. 管理業務者が、あらかじめ借主の同意を得て、その借主の個人情報を第三者に提供する場合には、当該第三者が記録を作成するので、管理業者としての記録作成義務はない。
  4. 指定流通機構(レインズ)にアクセスできる管理業者は、自ら作成した個人情報を保有していなくても、個人情報保護法による個人情報取扱事業者である。


解答・解説

[su_spoiler title=”解答を見る” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

解答 4

解説

1

 

2

 

3

 

4

 

[/su_spoiler]

令和元年度過去問一覧

【令和元年度・2019年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
令和元年度 過去問・解説 問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17...

令和元年度 過去問一覧

スポンサーリンク
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました