令和元年度 問16 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問16

賃貸物件に関する必要費償還請求権、有益費償還請求権及び造作買取請求権に関する次の記述のうち、適切なものはどれか。

  1. 買主が行うべき雨漏りの修繕を借主の費用負担で行った場合、借主は賃貸借契約の終了時に限り、支出額相当の費用の償還を請求できる。
  2. 借主の依頼により、ガラス修理業者が割れた窓ガラスを交換した場合、当該評者は貸主に対して必要費償還請求権を行使できる。
  3. 賃貸物件の改良のために借主が支出した費用は、契約終了時に賃貸物件の価格の増加が現存する場合に限り、支出した費用又は増加額の償還を借主が貸主に対して請求できる。
  4. 造作買取請求権を排除する特約は、借主に不利な特約のため、無効である。


解答・解説

[su_spoiler title=”解答を見る” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

解答 

解説

1

 

2

 

3

 

4

 

[/su_spoiler]

令和元年度過去問一覧

【令和元年度・2019年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
令和元年度 過去問・解説 問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17...

令和元年度 過去問一覧

スポンサーリンク
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました