令和元年度 問22 賃貸不動産経営管理士 過去問

過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

問22

原状回復における経過年数の考慮に関する次の記述のうち、適切なものの組合せはどれか。

ア ガイドラインによれば、クッションフロアは8年で残存価値1円となるような直線または曲線を想定し、借主の負担を決定する。

イ ガイドラインによれば、借主の過失によって必要となったフローリングの部分補修は、経過年数を考慮することなく借主の負担となる。

ウ ガイドラインによれば、借主が喫煙したことによって必要となったクロスの張替え費用は、経過年数を考慮することなく借主の負担となる。

エ ガイドラインによれば、耐用年数を経過したクロスであっても、使用可能である場合には、借主が行った落書きを消すための費用については、借主の負担となることがある。

  1. ア、イ
  2. ア、ウ
  3. イ、エ
  4. ウ、エ


解答・解説

[su_spoiler title=”解答を見る” open=”no” style=”default” icon=”plus” anchor=”” class=””]

解答 

解説

1

 

2

 

3

 

4

 

[/su_spoiler]

令和元年度過去問一覧

【令和元年度・2019年度】賃貸不動産経営管理士試験の過去問・解説一覧
令和元年度 過去問・解説 問1 問2 問3 問4 問5 問6 問7 問8 問9 問10 問11 問12 問13 問14 問15 問16 問17...

令和元年度 過去問一覧

スポンサーリンク
過去問・解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理人をフォローする
スポンサーリンク
不動産ライブラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました