過去問・解説

スポンサーリンク
過去問・解説

【解答速報】宅地建物取引士試験 2020年度12月

2020年度12月 宅地建物取引士本試験 解答速報 2020年 12月 27日(日) 16時 30分 更新   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 3 1 4 2 2 1 2 3...
過去問・解説

2020年度(令和2年度) 宅建試験 合格ライン予想一覧

2020年度(令和2年度)10月 2020年10月度 宅建試験合格点 38点 合格率17.6% 宅地建物取引士試験 予想合格ライン 2020年12月2日 0時 02分 更新 昨年1点予想で的中 昨年複数予想で的中 ...
過去問・解説

令和元年度 問40 賃貸不動産経営管理士 過去問

問40 保険に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。 保険とは、万一の事故に関して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度である。 賃貸不動産の経営において最も有用な保険は、保険業法上の「第二分野」に分類される...
スポンサーリンク
過去問・解説

令和元年度 問39 賃貸不動産経営管理士 過去問

問39 建物の構造・工法に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。 ア プレハブ工法は、構成部材を工場製作し、現場では部材の組立を主に行うため、工期短縮、品質向上に優れている。 イ 木造ツーバーフォー工法は、枠組み...
過去問・解説

令和元年度 問38 賃貸不動産経営管理士 過去問

問38 賃貸不動産経営管理士「倫理憲章」に関する次の記述のうち不適切なものはどれか。 公正と中立性の保持に関しては、自己の所属する管理業者の直接の依頼者に対し、他の関係者の立場に十分配慮した対応を求めることも必要となる場合がある...
過去問・解説

令和元年度 問37 賃貸不動産経営管理士 過去問

問37 管理業者の役割に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。 借主保持と快適な環境整備に関しては、昨今の借り手市場のもとでは、できるだけ優良な借主に長く借りてもらうことが大切である。 新たな経営管理手法の研究と...
過去問・解説

令和元年度 問36 賃貸不動産経営管理士 過去問

問36 相続税及び贈与税に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。 法定相続人が配偶者と子2人の場合の遺産に係る基礎控除額は、「3,000万円+600万円×3人=4,800万円」となる。 賃貸建物の相続税評価における現...
過去問・解説

令和元年度 問35 賃貸不動産経営管理士 過去問

問35 不動産の税金に関する次の記述のうち、不適切なものはどれか。 資産管理会社を設立すると、不動産賃貸収入は会社の所得となり、個人の所得が法人を通じて分散し、超過累進税率の緩和を図ることができる一方で、資産管理会社の側では、社...
過去問・解説

令和元年度 問34 賃貸不動産経営管理士 過去問

問34 プロパティマネジメント業務に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。 プロパティマネジメントにおいては、所有者の変更に伴う業務は、投資化のために重要性が高い業務ではなく、アセットマネージャーの業務である。 プ...
過去問・解説

令和元年度 問33 賃貸不動産経営管理士 過去問

問33 不動産の調査に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 不動産の表示に関する登記において、1個の建物は必ず1筆の土地の上に存在し、複数の筆の土地の上に存することはない。 未登記の不動産について、初めてする権利...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました